20代のOLこそ英語をやり直すべき理由!?自分が好きな未来を作る

1

20代のうちに英語を学んでおこうか迷っていませんか?仕事で時間もないしもう少ししてからでも良いかもと思っていると実は手遅れになることもあります。今回は20代のうちに英語をやり直した方が良い理由について紹介していきます。

20代で英語を取得するべきポイント

20代のOLさんが英語をやり直すべき理由として体力や記憶力があるうちにマルチタスクで勉強しておくことがあげられます。仕事をしながら新しいことを始めるには体力や精神力が必要になります。やる気があっても上手く勉強ができなかったり内容が頭に入ってこずに挫折してしまう30代以上の人も多いです。

少しでも英語や新しいことを始めたいと思うのであれば20代の今のうちに始めておきましょう。英語を使用する企業も増えてきました。自分が参加したいプロジェクトや企画が英語が話せる人という条件がついていたときに参加できるように英語を取得しておくことも必要です。

英語を使う部署へ突然異動!?

参加したいと思わなくても任されたプロジェクトが実は英語スキルが必要だったということもあります。仕事上しかたないとはいえ、英語が喋れないのにそんな企画を任されたらどうでしょうか。自分が指示を出さなければいけないのに日常会話さえできないのは困りませんか?

最近では色んな企業の本社が海外企業に合併されて外国人の上司が赴任したり、Skypeで通話しなければいけない場合も増えました。自分の上司に外国の方が赴任されてからでは遅いですよね。また接客業であれば海外のお客様に対応することがもちろんあります。

せっかくの販売チャンスなのに言葉が通じずセールスポイントをアピールできないのは機会損失に繋がってしまいますよね。現在の仕事を続けるのだとしても早いうちに英語を取得しておくとたくさんのメリットがあります。

英語は本当に転職で有利になる?

英語を取得すると転職で有利になると聞いたことがありませんか?転職で有利になるレベルの英語力はTOEICで高得点を狙わなければいけません。

また日常会話もできるスピーキング力が必要です。目標を達成するには難しいレベルと思われがちですがTOEICで高得点を取るのであれば主催しているETSが作成、出版している公式の問題集を複数回解いてやり直しをしていれば必ず達成できます。

中学英語である基礎をマスターしヒアリングや発音練習をしていけば日常会話も徐々にクリアできます。少し時間はかかるかもしれませんが、必ず転職で有利になるレベルの英語力を手に入れることが可能です。

また自由な時間がほしい、自分のペースで仕事したいという人は英語スキルを持っていると在宅ワークという道もひらけます。翻訳業などは自宅で自分のペースでできますので自分の時間が大事という人には特におすすめです。

20代で海外留学する人がいっぱい

英語をやり直して自分が伝えたい事を英語で伝えられるようになったら短期の海外留学も視野に入れてみましょう。
20代で海外留学する方は意外と多いです。社会人になり働きお金がたまってくること、勤めている仕事や人間関係に違和感が大きくなってきて心機一転してみたい、結婚資金をためるよりも自分に投資したいと思うことが多いためです。

学生でなくても海外留学が可能なのでせっかく英語の勉強をしたのですから、自分が行ってみたい国に留学していろんな体験をしてみるのも良いでしょう。海外留学を経験すると転職でも有利です。英会話スクールに通っている人と現地に一定期間でも住んでいる人どちらが即戦力になるかは一目瞭然ですよね。

おすすめ英会話教室

英会話教室はオンラインの方がおすすめです。自分の時間を拘束されることなく自宅で行うことができます。また他人と一緒に受講するわけではないため、自分のペースで進めることができます。もちろん分からないことがあればその場で質問してすぐに回答をもらえるのも大きなメリットです。

PAGE TOP

英会話独学コラム

フォニックス学習をするなら無料アプリの活用がおすすめ

フォニックスアプリ

英会話独学コラム

電話レッスンで日常会話のフレーズや挨拶、ビジネス英会話を習得!

電話レッスン

英会話独学コラム

ネイティブな英語を身につけたい!おすすめの勉強法を紹介

ネイティブ英語勉強

英会話独学コラム

オンライン英会話ネイティブキャンプ、カランメソッドの評判は?

英会話独学コラム

YouTubeで楽しく学べる英会話!【初心者におすすめ】

フォニックスアプリ