英語通信教育コラム

jobとworkの違いや使い分けは?どちらも仕事という意味?

jobもworkもどちらも日本語訳では、仕事となります。どちらの単語を使っても構わない場合もありますが、シチュエーションによっては失礼にあたったり、どちらかを使うと不適切な場合もあります。英語ではこの二つの単語には違いがあり、しっかりと使い分けされているのです。jobとworkの違いや使い分けについて今回は解説していきます。

基本的な違い

jobは医者や教師などのように職業や職種を特定するときに用いられる単語で、名詞としてしか使用されることはありません。相手にどんな仕事をしているのか尋ねる時にはworkではなく、jobを使うことになります。これに対してworkは働くという動作や働いている場所について使用するという違いや使い分けがなされます。例えば病院で働いていたとしても清掃員なのか医者や看護師なのかはわかりません。そんな時にはworkを使用することになるのです。仕事を探しているような場合は、職業を探していることからworkを用いるのではなく、jobを使用することになります。そして、workはjobと違い名詞だけでなく動詞としても用いられる点も押さえておくとよいでしょう。

workは相手に職業を尋ねるときには失礼にあたるとされるため使用されることは滅多にありません。workを名詞で用いる場合はスケジュールとして仕事をする予定が入っているのかを相手に尋ねる時や今日の仕事はどうだったのかなどを尋ねる場合などになります。

間違えやすい注意点

jobとworkの違いとして可算名詞か不可算名詞かという点も挙げられます。jobは可算名詞であり、jobsのように複数形にすることが可能です。しかし、workは不可算名詞であるため複数形にすることはできません。jobは使命や義務に基づく仕事に対して使用する傾向が強い単語でもあります。そこから派生して労働の対価として賃金を得る行為にもjobは馴染みやすいため職業や職種を特定する場合にはjobが使われると考えることもできるでしょう。逆にworkは日々の業務にスポットを当てた単語であるため仕事が一段落したことを伝えるときやきつい労働などを表現するときに用いられるのです。そのほか、機械が故障した場合などにはworkが使用されています。

他にも似た表現を探してまとめてみよう!

どんな仕事をしているのか尋ねる時、What is your job?と尋ねるほうがworkを使うよりもベターですがスマートな表現とは言えません。よりネイティブに近い表現をするならばWhat do you do?と尋ねるほうが一般的と言えるでしょう。このようにworkとjob以外にも似た意味を持つ単語は多くあります。それらの違いや使い分けを知るだけでも英語の学習は進歩します。これを期にまとめてみるのもよいでしょう。

関連記事

  1. アルク映像翻訳Web講座

    トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

  2. アルク児童英語インストラクター資格

    アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプラ…

  3. 30歳英語やり直し勉強法

    大学入試の難問である英語口語表現を上達する勉強方法のコツとは

  4. 英語が苦手な人でも覚えられる!独学での文法の覚え方

  5. acceptとexcept、どう使い分ける?二つの単語の違いをはっきり…

  6. needとwantの違いと意味や用法の使い分けについて

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座