英語通信教育コラム

adaptとadoptとadeptの語源と意味の違いを使い分けよう

たった一文字しか違わないという点でadapt、adopt、adeptの三つの単語は混同されてしまいがちになっています。しかし、意味の違いがわかってしまうと使い分けにも全く苦労しない単語です。それぞれの単語はどのような意味を持っているのでしょうか。せっかくの機会なのでその詳細なニュアンスも合わせて理解して上手に使えるようになりましょう。

三つの単語の意味を知っておこう

adapt、adopt、adeptの使い分けを誤らないようにするには単語と意味をしっかりと紐付けして覚えることが大切です。意味の違いは明らかなので、区別して覚えることさえできてしまえば混同することは無くなります。adaptは適応する、順応するという意味で用いられる動詞です。環境や仕事、人間関係などの様々なものに対して使える単語で汎用性が高く、フォーマルなときにもカジュアルなシチュエーションでも使用できます。自分をうまく環境に慣らしたといった話をするときには、I successfully adapted myself to the environment.という形で表現すれば良いでしょう。

adoptは採用するという意味で用いられるフォーマルな動詞です。養子を受け入れるという意味でも用いられることもありますが、基本的には受け入れて運用するという意味合いが強い言葉です。ある会社がライバル社が提案したシステムを受け入れて運用することにしたというようなときに用いられ、The company adopted the system proposed by its rival.といった表現をすることが可能です。また、第二外国語としてあの国では英語が採用されたというときにも、That country adopted English as the second language.と表現できます。

adapt、adoptについては動詞でしたが、adeptは巧みであるという意味の形容詞です。洗練された技術を持っている、他の人よりも熟練していて成果を期待できるといった意味合いで用いられます。単純に能力があるだけでなく、実践的に発揮して何らかの形にできることが暗に示されているのも特徴です。例えば、彼はアプリ開発に長けているという話をするときに、He is adept at creating an application.と表現できます。日本語では名人や職人、匠といった表現をする人に使うのに適しているのがadeptです。He is an adept computer programmerといった形でプログラマーとして名人級だという表現をすることもできます。

一文字の違いに惑わされないようにしよう

adapt、adopt、adeptは一文字が違うだけで意味は全く異なっている単語です。その一文字の違いに惑わされて使い分けで困ってしまわないように、それぞれの意味を表現と紐付けして覚えておくようにしましょう。特にadeptは他の二つの単語と違って形容詞なので用法にも違いがあります。意味だけでなく使い方も意識しておくと区別しやすくなるでしょう。

関連記事

  1. アルクTOEIC700点コース

    アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

  2. 英会話初心者の大人が独学で英語を効率よく学ぶならオンライン英会話

  3. trip、travel、journeyの違いと正しい使い分けとは?

  4. 英語やり直し社会人

    英語をやり直しする社会人がやるべき勉強法とおすすめ教材を紹介

  5. 英語耳使い方

    「bad」と「wrong」の違い・使い分け方について

  6. 英語やり直しアプリ

    中学英語を復習するならアプリがおすすめ!無料で学びたい人に必須

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座