英語通信教育コラム

KAZUNA eTalk5

英語も翻訳できるKAZUNA eTalk5とポケトークsの機能やスペックの比較

英語も翻訳できる翻訳機器として人気があるのがKAZUNA eTalk5とポケトークsです。どちらもサイズがコンパクトなのでカバンの中に入れて持ち運ぶことができます。外出先で英語の勉強をする場合にも、利用しやすい翻訳機です。この2つの翻訳機にはそれぞれ違いもありますが、それらの違いを知っておくことで、英語を勉強する際の参考になる、自分に合った翻訳機を選ぶことができます。ここでは2つの製品の違いについて解説していきます。

目次

KAZUNA eTalk5の機能

同じような小型の翻訳機でも、KAZUNA eTalk5とポケトークsでは、それぞれ利用できるる機能が異なっています。KAZUNA eTalk5で利用できるのはしゃべって翻訳という機能です。音声で話された言語をコンピュータが理解し、別の言語に翻訳できる便利な機能です。英語の勉強をする時にも活用でき、わからない単語がある場合には、日本語の音声で話せば、簡単に英単語に翻訳してくれます。この機能はオンラインとオフラインにそれぞれ対応しているので、ネットが使用できない場所でも翻訳ができます。KAZUNA eTalk5には 撮って翻訳という機能もあり、これは撮影された写真から文字を翻訳できる画期的な機能です。英文の意味がわからなかったら、写真に撮影して、機械に翻訳してもらうことができます。

ポケトークsの機能

ポケトークsもKAZUNA eTalk5と同じように多彩な機能を持っている翻訳機です。基本機能として搭載されているのが、多言語双方向翻訳です。英語と日本語の双方向翻訳もできるので、英語の学習の際にも使用しやすい翻訳機です。133の国や地域で使用できるeSIMを内蔵していることもポケトークsの特徴で、英語の勉強のために海外へ旅行に行く際にも、携帯して使用できます。通訳できる言語が多いこともポケトークsが語学の勉強に利用しやすいポイントで、55言語間で、音声とテキストを用いた通訳機能が使用可能です。20の言語では、声で入力した翻訳結果のテキストを画面に表示できるようになっています。

KAZUNA eTalk5とポケトークsのスペックの比較

KAZUNA eTalk5とポケトークsでは製品のスペックもそれぞれ異なっています。KAZUNA eTalk5は重さ約123グラムで、持ち運びにも便利です。ポケトークsは75グラムの重さで、UNA eTalk5よりも40グラム以上軽くなっています。KAZUNA eTalk5のサイズは約127.8mm×59mm×11.0mm、ポケトークsは91.6mm×53.8mm×11.5mmで、サイズもポケトークsのほうがひとまわり小型です。

機能やスペックが異なるKAZUNA eTalk5とポケトークs

KAZUNA eTalk5とポケトークsはどちらも人気のある小型翻訳機ですが、搭載されている機能やスペックに若干の違いがあります。KAZUNA eTalk5にはしゃべって翻訳や撮って翻訳という機能があり、音声や画像からも翻訳ができます。ポケトークsには多言語双方向翻訳機能や、133の国や地域で使えるeSIMが内蔵されています。比較検討しながら使いやすいものを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. chooseとselectとpickの違いを知って使い分けられるように…

  2. acceptとexcept、どう使い分ける?二つの単語の違いをはっきり…

  3. 関正生TOEIC勉強法アプリ

    関正生先生が講師を務めるスタディサプリはアプリや独自の勉強法でTOEI…

  4. アナと雪の女王U-NEXT

    アナと雪の女王を見ながら英語学習がしたい人におすすめの、U-NEXTを…

  5. イムラン英会話

    イムラン英会話の評判:怪しい?本当の口コミを紹介!

  6. hourとtimeの違いを理解して実際に使い分けよう

PAGE TOP

英語通信教育コラム

翻訳コンテストへの参加方法と身につけるべき翻訳技術

英語通信教育コラム

NHKラジオ英会話!レベル別効果的学習テクニック紹介

英語通信教育コラム

英字新聞どこで買える?コンビニでの取扱状況は常に変わる可能性がある!

英語通信教育コラム

「日本語話せますか」と英語で丁寧に尋ねる方法とは?

英語通信教育コラム

イムラン英会話の評判:怪しい?本当の口コミを紹介!

イムラン英会話