英語通信教育コラム

6ヶ月コース

アルクのヒアリングマラソン6ヶ月コースの口コミ紹介

アルクが提供しているコースの一つである「ヒアリングマラソン6ヶ月コース」は、隙間時間を利用して英会話を聞くだけで身につけることができるヒアリングマラソンの半年のみのコースです。6ヶ月で手軽に英会話を身につけることができると人気を集めていますが、今回はコースを利用した人たちの口コミやそこからわかる評判について紹介します。

ヒアリングマラソンとはどのような教材なのか

アルクが提供しているヒアリングマラソンは、およそ1000時間英語の音声を聞くことによって英語脳を作り出すとともに、これまで聞こえなかった英会話や英単語を聞き取れるようにすることができる英会話教材です。1000時間というのは総合的にかかる時間なので、1日に換算するとおよそ3時間程度聞くだけで英会話の勉強をすることができるようになっています。教材の内容も多くの人が興味の持てるように配慮されており、楽しくモチベーションを維持しながら勉強できるところが特徴です。このような点から企業の英会話研修でも導入されていて、効果の高い英会話教材として知られています。

ヒアリングマラソン6ヶ月コースは名前の通り、6ヶ月でコースの課程を修了することができる内容です。1年コースから始めるよりも手軽であることからお試し感覚で利用する人が多く、ヒアリングマラソンを初めて利用するという人におすすめだと紹介されています。

ヒアリングマラソン6ヶ月コースに関する口コミ

実際にヒアリングマラソン6ヶ月コースを利用した人たちの口コミは、良いと評価しているものもあれば悪いと評価しているものもあるため賛否両論となっています。良い口コミの内容としては隙間時間に手軽に聞くだけで勉強できるところが良い、テキストの内容から好きなトピックを選べるので飽きずに勉強を続けられるなどが挙げられています。また6ヶ月くらいであれば続けやすいし、お試しコースとして始めやすいなど続けやすさや教材としての面白さを評価する口コミが多いです。

それに対して悪い口コミとしては、英語を話すスピードが速くて聞き取れない、学習量が多すぎる点が挙げられています。特に6ヶ月コースは1年コース同様に1000時間の教材を提供されているにもかかわらず、1年コースよりも半年短い期間でクリアしなければいけないという問題があります。このため1日3時間であれば1年弱でクリアできる内容を半年でクリアするのは、難しいという口コミが多いようです。

口コミから見るヒアリングマラソン6ヶ月コースの評判

このような口コミから、ヒアリングマラソン6ヶ月コースは教材を初めて利用する人のお試しコースとしては使い勝手がよく、モチベーションを維持して勉強できるところが評価されています。ただ英会話や英語のスピードが速いので初心者ではなかなか聞き取りにくく、計画的に教材を進めていかなければ難しい点は、やや上級者向けの教材だと考えられているようです。

ヒアリングマラソンが気になる人は6ヶ月コースから試してみるのがオススメ

アルクのヒアリングマラソンは1000時間の教材を聞くことで英語脳を身につけられる教材であり、6ヶ月コースはそんな教材のお試しとして利用してみることが口コミでもおすすめだと言われています。ただ本格的に取り組んでいかなければクリアすることが難しいという口コミの評価もあるので、あくまでもお試しであると考えて本格的な利用を検討する材料にすることが良いと評価されているようです。

関連記事

  1. 英語が苦手な人でも覚えられる!独学での文法の覚え方

  2. 英語勉強初心者ブログ

    ネイティブスピーカーになるには?英語をペラペラになるには?

  3. 格安英会話

    highとtallはどう違う?高さを表す単語の違いを知って使い分けよう…

  4. 英語勉強初心者ブログ

    英語の品詞の語尾の覚え方は語呂合わせがオススメ!接尾辞で見分けよう

  5. everyoneとeverybodyの違いと使い分けについて

  6. italki(アイトーキ)の口コミによる評判は実際どうなの?

PAGE TOP

英語通信教育コラム

マイチューターとベストティーチャーを徹底比較!【オンライン英会話】

マイチューター

英語通信教育コラム

ベストティーチャーはライティングスキルも身につくと評判!TOEFLやIELTS対…

ベストティーチャー

英語通信教育コラム

ジオスオンラインは子供への英会話教育にはレベルアップテストが導入されているから効…

英語勉強初心者ブログ

英語通信教育コラム

ECCオンラインレッスンやスマホアプリのトーキングマラソンを使って独学で英会話を…

ECCオンラインレッスン

英語通信教育コラム

ランカルのプラン変更や退会の方法について

ランカル退会