英語通信教育コラム

startとbeginの違いと使い分けのポイントを解説

startとbeginはどちらも「始める」を意味する英単語ですが、どのように使い分ければよいか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。基本的な意味合いは似ているために、置き換えて使用しても問題ないケースが多いです。しかし、使う場面やニュアンスには違いがあります。それでは、startとbeginにどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

startとbeginの違い

startは、止まっていたものが動き出す、動き出したものが続いていくという意味合いが込められている単語です。持続性のニュアンスがあるのが特徴であり、開始や始まり、冒頭といった意味に加えて、やめていたものを再開するというような場合にも用いられます。例えば、掃除や勉強など生活の中で行う動作を始めるときに使用します。対してbeginは、物事の起源や一歩踏み出すというような意味合いがある単語です。startは始まった後も続いていく線のイメージがありますが、beginは始まったその地点に焦点を当てた点のイメージが込められています。例えば、会議が始まる時やイベントが始めるような時に使用します。

また、beginとstartでは対義語が異なります。startの対義語はstopです。物事が止まるという意味があり、スタートボタンとストップボタンなど、日常の中でもセットで使われている場面を目にするでしょう。beginの対義語はendです。物事の終わりや終点という意味があり、stopとははっきり意味が異なるのが分かります。対義語をセットで覚えておくことで、ニュアンスの違いも理解しやすくなるでしょう。

startとbeginの使い分けのポイント

startとbeginの使い分けのポイントとしては、場面を考えると良いでしょう。startは口語的で日常会話の中でよく使われるカジュアルな表現であるのに対し、beginはビジネスシーンなどフォーマルな場で使われる傾向があります。しかし、startとbeginはそれぞれニュアンスが異なるものの、多くの場合では置き換えて使用しても問題なく意味が通じます。覚えておきたいのは、置き換えることのできない場面です。車など機械を動かし始める場面ではstartのみを用いることができます。起業や店舗を開くような場合でも、始めたものが続いていくためにstartで表現するのが最適です。

使い分けに神経質になる必要はないが、置き換えられない場面を意識しよう

持続性を意識したstartと始まったその地点を意識したbeginでは、それぞれ単語のニュアンスが異なります。しかしながら、多くの場合では2つの単語を置き換えて使用しても意味は通じるので、それほど使い分けに神経質になる必要はないでしょう。ですが、startしか用いることのできない場面は確実に存在するので、置き換えることのできないケースを覚えておくことがポイントです。

関連記事

  1. レアジョブ英会話のレベルチェックで英語力を判定しよう!

  2. TOEIC出題形式

    時間がない人のための中学英語やり直しを評価!たった7日で総復習?

  3. bigとlargeの違いとその使い分けとは?知っていそうで知らない

  4. wide・broad・vastという意味の似た単語の違いとスラング

  5. 英会話は初心者ならYouTubeで楽しく学ぶのがオススメ!

  6. アルクJ-SHINE

    口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資…

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座