英語通信教育コラム

習得する英語のイントネーションを独学で勉強する方法とは?

英語を読むことはできても、外国人と話してみると通じないという経験をした人は多いでしょう。ネイティブのようなイントネーションは、子供の頃から外国に住んだり、長期留学しなければ無理だと身につけられないと思われがちですが、独学でも英語のイントネーションを身につけることはできます。そこで、英語のイントネーションの習得方法をご紹介しましょう。

シャドーイングする

英語のイントネーションを習得するためには、とにかく真似をするのが一番です。シャドーイングとは、ネイティブが話したフレーズを、そのまま声に出して話すイントネーションの習得方法です。英語の教材を使うのもありですが、おすすめはアメリカやイギリスのドラマや映画のシャドーイングです。好きな俳優が出演している作品や話題作など、自分が興味がある内容の方がシャドーイングをするモチベーションも上がります。

アメリカのシットコムは、普段の何気ない日常生活を題材にしたコメディが多いため、イントネーションだけでなく日常生活でよく使われるフレーズなども覚えられ一石二鳥です。繰り返しシャドーイングすることで、発音の仕方や抑揚のつけ方も解ってくるでしょう。おすすめのシットコムは、「FRIENDS」、「BIG BANG THEORY」などがあげられます。また、シットコムのシャドーイングに慣れてきたら、法廷ものやミステリーなど難しい題材の映画に挑戦してみるのも良いでしょう。

スマホを活用する

シャドーイングで英語のイントネーションを身につけたら、スマホを活用してチェックしてみることも大切です。スマホには音声検索がありますが、習得した英語のフレーズを発音して正しくウィンドウに表示されるか確認してみましょう。また、iPhoneを使っているなら、音声認識機能を活用するのがおすすめです。自分が話した言葉がテキスト化されるので、正しい英語が話せているかチェックすることができます。短文でも長文でもOKなので、シットコムで覚えた長台詞を話してみるのもよいですね。
正しくテキスト化されなかったワードは、きちんと発音できていないという事なので、もう一度シャドーイングをして正しい発音ができるように練習しましょう。

繰り返し発音することで習得できる

英語のイントネーションは、繰り返しシャドーイングすることで習得できます。赤ちゃんが言語を学ぶのも、お父さんやお母さんの言葉を真似することから始めます。自分が好きなドラマや映画を使えば楽しくシャドーイングできるので、飽きることなく続けられるでしょう。短期間で習得しようとせず、毎日コツコツと積み重ねていくことが大切です。

関連記事

  1. lendとrentの違いを把握して上手に使い分けよう

  2. appointment・reservation・bookingの違い。…

  3. 独学で英語を学びたい人におすすめな無料英会話アプリとは?

  4. 英語力をアップするには?目的別にライティングやリスニングを勉強

  5. cureとhealの違いは語源にある!意味とニュアンスを知ろう

  6. 多読アプリは子供や初心者の英語のリーディングにもオススメ!

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース