英語通信教育コラム

スピーキングが独学で上達する英語勉強方法!まずはリスニング強化

日本を訪れる外国人の数が増えてきたこともあり、様々なシチュエーションで英語での会話が求められることがあります。そこで、英語のスピーキングを独学で学びたいという人もいるでしょう。独学なら、自分の好きな時間に好きなだけ勉強できますし、何よりも自分のペースで学ぶことができます。ですが、独学でスピーキングを練習することはできるのでしょうか。そこで、英語のスピーキングを独学で勉強する方法を解説します。

英語のスピーキングに必要なこと

英語のスピーキングを独学で勉強するために必要なのは、まずはリスニング力を高めることです。例えば、英語の教材などを購入しても発音が聞き取れず、何を言っているのか分からなかったら意味がありません。そして、リスニング力を高めることにより、耳から発音を学ぶことができます。耳から聞いた英語の単語や文を聞いたまま発音することで、よりネイティブに近い発音ができるようになる可能性が高くなります。

スピーキングの独学方法

英語のスピーキングを独学で学ぶには、何よりも音読が大切です。教材を購入するのも良いですし、英語の歌詞をそのまま音読することでも勉強することができます。この時に大切なのは、ICレコーダーなどに音読している時の声を録音することです。後から聞き直した時に、どの部分の発音でミスがあったのか、改善できる箇所があるかを冷静に判断することができます。また、長文の場合はあまり長すぎるとミスを発見することが難しいので、適度に句切りながら発音すると良いでしょう。

英語のスピーキングを上達する練習法

英語のスピーキングを独学で学んでいると、どうしても勉強法が限られてしまい、なかなか上達しないことがあります。そんな時には、勉強法を変えてみるというのも効果的です。例えば発音しづらい単語を並べて、早口言葉のように話すことも効果があります。早口で話すことで、普段のスピードも格段に上がります。更に、普段からできるだけ英語を使うようにすることも大切です。独学で学んでいると、なかなか英語を話す機会がありません。周囲に英語ができる人がいないという時には、独り言でも構わないので1日の内に何度かは英語を話す時間を作るようにしましょう。英語のスピーキングは、話せば話すほど上達を促すことができるのです。

独学で英語のスピーキングをマスターするには

独学で英語のスピーキングをマスターするには、様々な勉強方法があります。リスニング力を高めてネイティブな発音を学ぶことも大切ですし、音読を繰り返すことにより自分のミスや欠点を知ることができます。そして、海外の人と話す機会を得ることができたら、率先的に英語で話すようにしましょう。スピーキングをマスターするには、英語を使うことが必要なのです。

関連記事

  1. 主婦英語やり直し

    主婦が英語をやり直しするのは時間とお金がなくてもできる!?

  2. 習得する英語のイントネーションを独学で勉強する方法とは?

  3. houseとhomeの違いと品詞ごとの意味や使い方とは?

  4. 「among」と「between」の違いは?使い分けのポイントまとめ!…

  5. アルクのTOEIC対策教材800点コースの評判は?攻略ポイントは3つ!…

  6. 右脳を使った英語学習インプット法!左脳を使ったアウトプット

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース