英語通信教育コラム

everyoneとeverybodyの違いと使い分けについて

「everyone」と「everybody」は、どちらも日本語に訳すと「みんな」という意味になります。そのため、あまり違いを意識せずに使っている人は少なくありません。実際、「Everybody enjoyed the conversation.」「Everyone enjoyed the conversation.」(全員がお喋りを楽しんだ)というようにeverybodyとeveryoneは入れ替えることが可能です。しかし、それぞれ意味に微妙に違いがあるので、英語圏では使い分けがなされています。そこで、ここからは両者の違いや使い分け方について説明していきます。

everyoneは少しフォーマル

両者の違いは、everyoneの方が少しフォーマルなシーン、everybodyの方が比較的カジュアルなシーンで使用することが多いです。あえて訳してみると、everyoneは「皆さん」、everybodyは「みんな」というニュアンスの意味になります。したがって、everyoneは結婚式やお葬式でみんなの前でスピーチをする時や重要な文書を書く際に使われることが多いです。「everybody」を厳粛な雰囲気のスピーチに使ってしまうと、周囲の人から場違いな印象を持たれてしまいます。したがって、フォーマルな場では正しく使い分ける必要があります。

また、後ろに「of+複数名詞」が続く場合は必ず“every one“を使わなければいけません。例えば、「Every one of them liked the doll.」 (彼ら全員がその人形を気に入りました)というふうに使います。そもそも“them” は3人称を表す複数形の名詞なので、例文のように”every one”しか使うことができません。もしも代わりに「everybody」を使ってしまうと文法的に間違っているので、全く意味がない文章となってしまいます。また、必ず“every”と”one” の間にスペースを入れる必要があります。

everybodyは仲の良い人との会話で使う

“everybody” は、比較的カジュアルな場面で使われることが多いです。例えば、仲の良い友人や会社の同僚などとの会話で用いられます。逆に”everybody”は会議やスピーチなど緊張感のある場面で使うのは適していません。具体的に使い方の例文を紹介すると、どこかで友人たちと会う約束をしていて挨拶をする際には“Hello, everybody”というように使います。また、学校の授業が始まる前に先生が生徒に挨拶する際にも”Hello, everybody”を使うことが多いです。また、”everybody”は以前は「不特定多数に対してのみんな」というニュアンスの意味もありました。しかし、時代の変遷とともにこのニュアンスは薄れていっています。

everyoneとeverybodyの違いのまとめ

everyoneとeverybodyは、どちらも日本語に訳すと「みんな」という意味になります。一見、意味に違いがないように思われますが、英語圏では微妙にニュアンスが異なっています。everyoneはフォーマルな場、everybodyはカジュアルなシーンで用いられるケースが多いです。そのため、アメリカやイギリスなどの英語圏に旅行に行った際に恥ずかしい思いをしないためにも、使い分け方を学んでおくと良いでしょう。

関連記事

  1. 20代OL英語やり直し

    英会話は20代後半の社会人のOLこそやり直すべき理由とは?

  2. パス単アプリの使い方!出る順準2級の音声の勉強法の効果とは?

  3. agentとagencyの違いを理解して使い分けましょう

  4. 英語力をアップするには?目的別にライティングやリスニングを勉強

  5. TOEFL iBTのスコアと英検の級数を換算して検討してみよう

  6. heartやmindやspiritやsoul、違いと使い分けは?

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座