英語通信教育コラム

伝わる英語の独学にはシャドーイングがおすすめ!その効果と教材選び

英語を独学で学んでみたいという人には「シャドーイング」という方法をおすすめします。とても手軽に始めることができ、短い期間で効果もはっきりとわかるこの勉強方法は、忙しい社会人や学生にもぴったりでしょう。今回は、このシャドーイングの方法や効果と、おすすめの教材を合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

シャドーイングとは?

シャドーイングとは、英語をリスニングしながら、同時に声に出して勉強する方法のことです。スピーキングとリスニング、そしてリーディングを同時に上達させることができるため、短期間で効果が目に見える方法といわれています。もともとは同時通訳者のレッスン方法として用いられてきました。具体的には、英文を読みながら同じ英文を聞き、発音までする少し特殊な勉強方法です。英語以外の多言語にも応用できるため、今や世界中で注目を集めています。

シャドーイングの効果

英文の読み・聞き取り・発音を同時にこなす勉強方法から、リスニング・スピーキング・リーディングと3つの能力の向上が期待できます。TOEICなどのテストのみならず、旅先で使うような英会話にも応用が利くのが嬉しいポイントです。イントネーションやアクセントなどの練習は、リスニングや書き取り・読み取りのみの勉強法では得られない効果です。「伝わる英語」「伝える英語」の習得にはもってこいの方法といえるでしょう。

教材の選び方

シャドーイングの練習方法にはレベルがあると考えていてもよいでしょう。自分のレベルに応じた教材を選ぶことで更に勉強の効果が表れやすいといえます。また、目的によっても教材は変わるので、「受験勉強」「英会話の上達」など何を目的に英語の勉強をしたいのかをはっきりさせておくことが重要です。シャドーイング教材には、音読が目的のもの・語彙力アップが目的のもの・偏差値アップが目的のものなどたくさんの種類があります。例えば、「受験勉強」が目的であれば『偏差値アップ』や『テスト例文』などのキャッチコピーの中から『大学受験用』を選ぶのがおすすめ。「今自分はどこまで英語ができるのか」「何を目的にするか」の2点をおさえるだけでピッタリの教材が見つかりますよ。

英語を「伝える」ためにはシャドーイングを試してみよう

シャドーイングは、イントネーションなどの細かな部分まで一気に勉強ができる効率的な方法です。忙しい人や時間の限られた受験生には、特に試してもらいたい勉強方法といえます。教材の種類も豊富で、自分に合ったものが見つかりやすいのも嬉しいポイントですね。ぜひシャドーイングで「伝わる」「伝える」英語を習得してください。

関連記事

  1. 英語の発音矯正にはスクールへの通学がおすすめ!オンラインレッスン

  2. see・watch・look・view「見る」の意味の違いと使い分けは…

  3. bigとlargeの違いとその使い分けとは?知っていそうで知らない

  4. 英会話は初心者ならYouTubeで楽しく学ぶのがオススメ!

  5. 『美女と野獣』で英語を勉強すると上達するのが早くなる!

  6. ネイティブイングリッシュ

    ネイティブイングリッシュの口コミは?本音で評価を検証してみた

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース