英語通信教育コラム

覚えた方がいい英単語はスコアで違う!効率よい単語学習のコツは?

TOEICで点を獲得するには、語彙力をアップするのが1つのアプローチです。必要になる語彙力は、目指すスコアによって少しずつ変わってくるのがTOEICの場合です。800点以上の高得点を目指すときには、覚えておくべき英単語の数も多くなります。今回は、TOEICを受験するときにどのくらいの英単語を覚えた方がいいのかや、語彙力アップの勉強法などを紹介します。

TOEIC600点では約5,000語が必要

TOEICで600点前後のスコアを目指す人は、一般的に約5,000語の英単語を覚える必要があると言われています。TOEIC600点は英検2級とほぼ同じくらいの難易度であり、大学受験レベルの英語力があれば得点が可能です。ちなみに、高校卒業までに習う英単語は約4,000語です。高校を卒業した人がTOEIC600点を獲得するには、あと1,000語程度を追加で覚える必要があります。TOEICで使われそうな英単語を優先的にピックアップして覚えるようにすれば、600点を獲得できるだけの語彙力が身に付けられる可能性があるでしょう。

8,500語を覚えればTOEIC800点も狙える

8,500語前後の英単語を覚えた場合、TOEIC800点を狙うことも夢ではなくなります。800点前後のスコアを獲得した人は、就職試験などでもほかの人と差をつけることが可能です。実のところ、ビジネスシーンでネイティブスピーカーとスムーズにコミュニケーションをするには、大学受験レベルの600点前後のスコアでは難しいというのが通説です。社会人がこれからTOEICを目指すときには、思い切って800点を目指してみるのもステップアップに役立つかもしれません。

TOEIC対策で覚えた方がいい8,500語の英単語は、ビジネスや日常生活などでネイティブが使っている言葉が多いです。効率よくスコアを上げたい場合は、やみくもに語彙を増やすよりもある程度ポイントを絞ることが大切です。

テキストを使うとスムーズに語彙力がアップできる

TOEIC対策で英単語を覚えるときは、TOEIC専用のテキストが役立ってくれます。語彙力をアップするためのテキストは、いろいろな出版社から発売されています。600点や800点といったスコア別に英単語をまとめたテキストも多く出回っているため、目指すスコアに合ったものを購入して勉強してみるとよいかもしれません。CDなどが付属しているテキストなら、発音も一緒に覚えられるでしょう。

自分に合ったテキストを利用して語彙力をアップしてみよう

語彙力がアップすると、TOEICのリスニング問題や長文読解問題なども楽に解けるようになるかもしれません。TOEICは、設問もすべて英語で書かれています。語彙力が身に付いていれば、問題を解くスピードも速くなる可能性があります。語彙力は、文法力と同様に英語を正確に理解するために不可欠です。自分に合ったテキストを選んで、少しずつ語彙力をアップしていきましょう。

関連記事

  1. 英語が苦手な人でも覚えられる!独学での文法の覚え方

  2. admissionとpermissionの意味の違いと使い分け方とは?…

  3. 英語のリーディングのアプリは初心者や子供の多読にもオススメ!

  4. heartやmindやspiritやsoul、違いと使い分けは?

  5. 20代OL英語やり直し

    20代のOLこそ英語をやり直すべき理由!?自分が好きな未来を作る

  6. see・watch・look・view「見る」の意味の違いと使い分けは…

PAGE TOP

英語通信教育コラム

英語をうまく喋るには舌や口のトレーニングやエクササイズ

英語通信教育コラム

舌足らずでも英語の発音をネイティブ並にするトレーニング方法とは?

英語通信教育コラム

英語の音読で舌が回らない時の対処法!滑舌トレーニングで発音が上達

英語通信教育コラム

一から英語を勉強したい!社会人のためのテキスト・アプリ・本を比較

英語通信教育コラム

英語学習における口語体と文語体の違いについて