英語通信教育コラム

シャドーイングの上手なやり方は英文を見ないのがコツ

英語を聴きながら、真似して発音する訓練法をシャドーイングといいます。聴き終えてから発音し始めるのではなく、まるで影のように聞こえる音を追いかけるのがシャドーイングの由来です。リスニングもスピーキングも同時に力をつけられる便利な訓練法だけに、上手なやり方のコツを覚えてシャドーイングで英語をもっと上達させましょう。

シャドーイングの目的と効果

シャドーイングは、発音・イントネーション・リズムの力をそれぞれアップさせるのが目的です。日本語でもそうですが、発音・イントネーション・リズムの全てがきれいにまとまっていることで英語は美しく聞こえます。シャドーイングの訓練をすれば、結果としてスピーキング力が向上するうえに英語を聴きとるリスニング力も同時に鍛えられます。さらに、自然なスピーキングができるようになることで、表現力までアップするおまけがついてくるのです。

語彙力・文法力・口筋力を鍛える

実は、リスニングとスピーキングは英語のスキルとしては文法・語彙力、読解力、作文力より上位にあります。知らない言葉を聞いたとき、日本語でも何度聞いても正確に再現できないことがありませんか?これは、知らない言葉だから聞き取れないことが多いのです。ある程度知っている言葉であれば、想像力が働いて聞き取りやすくなります。そのためには、語彙を増やしたり文法を正しく理解する勉強が役に立ちます。知らない単語ばかりが連なっている英文は、追いかけようとしても早い段階で頭が真っ白になりかねません。逆に、知っている単語があればあるほど英文に追いついてシャドーイングできるようになります。

もう一つ心がけておきたいのが、口を動かす訓練です。知っている単語が含まれている英文を聞いても、口を動かして発音することに慣れていないとシャドーイング中にもたついてしまいます。上手に英語を発音するには口の筋肉を鍛えておくことが重要ですから、語彙力を増やすときにも口の筋肉をハッキリ動かすつもりで発音練習をするようにしましょう。

英文を見ずに聞き取れるレベルから始める

シャドーイングを上達させるやり方で大事なのは、自分に合ったレベルから始めることです。1つのレベルをクリアしたら次のレベルに進むというように、ステップアップしていきましょう。自分に合ったレベルといっても、現段階でピッタリのレベルより少し低いところからのスタートがおすすめです。すると、理解力が足りない部分に気を取られず発音・イントネーション・リズムに集中できます。

見ただけで意味を理解できるレベルの英文を選んだら、英文を見ずにシャドーイングするのが効果的です。その理由は、英文を見ると自分流の発音をしがちだからです。先に日本語訳をしようと、脳が働き始めてしまうこともあります。正しい発音・イントネーション・リズムの英文を耳で聞き取りながら再現しようとするのが、シャドーイングを上達させるコツです。

シャドーイングのコツをつかんで英語を上達させよう

シャドーイングの力がついてくると、リスニング力とスピーキング力が同時に上達してきます。一石二鳥に英語力をアップさせられるのですから、シャドーイングの訓練は効率よくおこなうことが大切です。おすすめしたシャドーイングのコツを実践すれば、いつの間にか総合的な英語力がついている自分に気付くことができるでしょう。

関連記事

  1. 電話レッスン

    電話レッスンで日常会話のフレーズや挨拶、ビジネス英会話を習得!

  2. 英語の品詞の覚え方は語呂合わせがオススメ!接尾辞で見分けよう

  3. 中学英語やり直し

    中学英語をやり直したい人にオススメの教本と時短勉強のコツ

  4. レアジョブ英会話のレベルチェックで英語力を判定しよう!

  5. 英語通信教育社会人おすすめ

    TOEICの前日の対策!悪あがきをしても意味がないの?

  6. 「among」と「between」の違いは?使い分けのポイントまとめ!…

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース