英語通信教育コラム

30歳英語やり直し勉強法

英語の口語表現で大学入試を突破せよ!上達する勉強方法のコツとは

大学入試では英語の口語表現が出題されることがあります。発音には自信がなく、口語表現は苦手だと感じている人もいるでしょう。ですが、英語の口語表現は決して難しいものではありません。文語表現とは違う口語表現ならではの方法を覚えることで、スムーズに話しやすくなります。まずは、口語表現について詳しく学ぶことが必要です。

目次

口語表現とは

口語表現というのは、話し言葉という意味です。日本語も、文章として書く言葉と、会話で使う言葉では微妙に表現が違います。どちらかというと書き言葉は固いイメージがあるのではないでしょうか。同じように、英語にも書き言葉と話し言葉があるのです。本や説明書を読むなら書き言葉だけでも充分理解することが可能かもしれません。ですが、海外の人と直接会話をする時には、書き言葉だけではすべてを理解するというのは難しいかもしれません。大学入試では口語表現を出題する学校もあるので、口語表現の勉強をしておくことは大切です。

口語表現の勉強法

大学入試での口語表現は、日常会話でよく聞かれる単語であり、単語帳には載っていない可能性が高いです。更に口語表現というのは数も膨大で、省略表現などもあるため覚える範囲を想定することはかなり難しいと考えられます。大学入試の対策としては、過去の問題を見直してみることが大切です。過去の問題の中で頻繁に出てくる単語がある場合は、出題されやすい傾向にあるので、重点的に覚えておくと良いでしょう。そして、日常会話でよく使われる口語表現も覚えておくと効果的です。大学入試では会話表現が出題されることが多いため、普段からよく使われる口語表現をマスターしておくと入試の時に役に立ちます。

大学入試での英語口語表現のコツ

大学入試で英語の口語表現が出た時には、慌てずによく問題を読んでみましょう。前後の単語を読むことで必要な言葉が推測できる可能性があります。特に会話形式の長い文だと、会話の流れを掴むことがヒントになります。会話形式の問題では単語はかなり重要です。できるだけ多くの単語を暗記しておくことで、口語表現も分かりやすくなります。よく使う単語は暗記して、普段の生活の中で使うのも入試対策として効果的です。

口語表現を上達する方法

大学入試での英語の口語表現は、これまで教科書や参考書に書かれていた文語表現とはかなり違うため、戸惑うことも多いかもしれません。口語表現を上達するためには、積極的に口語表現を取り入れることが大切です。例えば、英語の文語表現を口語表現に直してみるなど、勉強方法を自分なりに工夫することで覚えやすくなります。

関連記事

  1. 中学英語通信教育大人

    中学英語を通信教育で大人におすすめの教材はベネッセの進研ゼミ?

  2. アルクTOEIC500点コース

    アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

  3. もう一度英語ビジネスBasic

    英語講座「もう一度英語ビジネスbasic」の特徴や評判などを紹介

  4. シャドーイング口が回らない

    adaptとadoptとadeptの語源と意味の違いを使い分けよう

  5. EFイングリッシュライブ口コミ

    世界中で利用されているEFイングリッシュライブ!口コミの評判は?

  6. サウスピーク高い

    サチンチョードリーのシンプル英語教材プロジェクトの効果は?

PAGE TOP

英語通信教育コラム

翻訳コンテストへの参加方法と身につけるべき翻訳技術

英語通信教育コラム

NHKラジオ英会話!レベル別効果的学習テクニック紹介

英語通信教育コラム

英字新聞どこで買える?コンビニでの取扱状況は常に変わる可能性がある!

英語通信教育コラム

「日本語話せますか」と英語で丁寧に尋ねる方法とは?

英語通信教育コラム

イムラン英会話の評判:怪しい?本当の口コミを紹介!

イムラン英会話