英語通信教育コラム

欧米よりも費用が安いと評判のセブ島留学!ほとんどがマンツーマン

欧米で学ぶよりも費用対効果が高いと評判なのが、フィリピンのセブ島での語学留学です。短期留学に焦点を当てながら、どれだけ費用を抑えることができるのか、また、気になる英語の授業内容について紹介します。さらに、セブ島留学がどれくらいの英語レベルの人に向いているのが、留学の適正についても紹介することにします。

短期留学でかかる費用

セブ島への留学生の半数が、1ヶ月から3ヶ月程度の短期の語学留学です。短期留学であれば学校を休学せずに英語力を高めることができるとあって人気が高いのです。セブ島が留学先として人気を集めている理由は、欧米に比べて物価が安く、留学にかかる全体の費用を抑えることができるからです。フィリピンは日本に比べて物価が安く、生活費も欧米での留学の3分の1以下になります。気になる授業料ですが、1ヶ月あたり15万円前後となります。授業料には寮費が含まれているところが多いので、これだけを考えてみてもかなりコストが安いことがわかります。航空券や海外留学保険をあわせても30万円未満で留学することができてしまうのが魅力です。3ヶ月の留学になると70万円程度用意すれば十分に賄うことができるのです。

マンツーマンの指導なのに低コスト

授業形態に関してですが、ほとんどがマンツーマンレッスンです。人件費が安いフィリピンでは、低価格で質の高い英語講師の指導を受けることができます。テキストに沿って授業が進んでいくので、分からないところはその都度講師に質問できます。テキストは生徒の英語能力に合わせたものを使用します。マンツーマンではグループレッスンで受けられないような細かい指導を受けることができるのが魅力です。

英語中級者の費用対効果が高い

では、セブ島での語学留学はどれくらいの英語レベルの人に向いているのでしょうか。ずばり、セブ島留学におすすめなのが、英語中級者です。ある程度英語はわかるものの、伸び悩んでいる人がマンツーマンのレッスンで細やかな指導を受けることで、実力を飛躍的に伸ばすことができます。もちろん、現地での予習復習をすることが前提となります。留学後にTOEICのテストを受けてみると、100点から150点以上の得点アップを期待できるといいます。

費用対効果が高いセブ島留学

少ない費用で高い効果を期待することができるのが、セブ島留学です。物価が安いこともあり、安い費用でマンツーマンでの質の高い語学指導を受けることができるのです。特に、中級クラスの英語学習者であれば、苦手分野を克服し、帰国後にはTOEICのスコアを伸ばすことができると言われています。短期留学でも十分な効果を得られます。

関連記事

  1. chooseとselectとpickの違いを知って使い分けられるように…

  2. 一から英語を勉強したい!テキスト・アプリ・本を社会人のために比較

  3. シャドーイングの上手なやり方は英文を見ないのがコツ

  4. ディズニー英語システム大人

    ディズニー英語システム!DWEを使った大人のためのトレーニング

  5. needとwantの違いと意味や用法の使い分けについて

  6. 口語表現を一覧にして覚えると英会話の表現の幅も広がる

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース