英語通信教育コラム

英語が苦手な人でも覚えられる!独学での文法の覚え方

英語に対しての苦手意識が強くなりやすいのが文法です。英語の文法は日本語の文法とは仕組みが異なっているため、理解するまでに時間がかかりやすいという特徴があります。その英語の文法が理解できないことに苦しみ、英語が苦手だという考えを持つ人が多いと言えます。今回はそのような英語への苦手意識が強い人でも、独学で文法を覚えられる方法を紹介します。

形で覚えてしまうのが良い

英語が苦手な人は、英語の文法を理解できなくて苦戦するケースが多いです。文法が理解できていない人が、1から文法用語を覚えていく方法では時間がかかる上に覚えにくいので、あまり効率的な勉強法とは言えません。そこでおすすめの覚え方が、英語の文法を形で覚えてしまうという方法です。参考書や問題集にある英語の文章を丸覚えすることで、文法の形を覚えられるようになります。英語の文章を暗記するという作業を繰り返していくうちに、「どういう並びで英単語が使われているのか」ということを感覚的に覚えられるようになるのが、この勉強法のメリットです。

日本語と照らし合わせてみるのも効果的

英語の文法を覚える時には、日本語訳と照らし合わせてみるのが効果的です。日本語訳と照らし合わせることで英文の意味を理解できるだけでなく、英語における文法の並びを覚えやすくなります。英文と日本語訳を照らし合わせて考えることで、その英文が「どのようなシチュエーションで使用されているのか」という部分を想像しやすいです。このシチュエーションを想像しながら覚えるという勉強法は、英会話を学ぶときにも活かせるというメリットがあります。

同じ文章を繰り返し読むのも重要

英語の文法を形で覚える時には、繰り返すことも重要になります。1日目の勉強で1つ英語の文法を覚えたと思っていても、次の日には記憶から消えてしまっているケースも考えられます。これはその英語の文法が、まだ記憶に定着していないのが原因だと言えます。記憶に定着させるためには、その英語の文法を何度も読み返すことが必要です。完全に覚えられるように何度も読み返すことで、実際に使用するときに文法を間違える心配がなくなります。この英語の文法を形で覚える方法を試すときには、声に出して読んでいくのも有効な手段だと言えます。

理解しようとするよりも覚えてしまうのが重要

英語に苦手意識を持っている人は、頭で理解しようとする傾向が強いです。しかし、理解するまでには時間がかかるため、苦手意識は強まっていく可能性が高いでしょう。そのような状況を解決するために、まずは暗記するのが良いと言えます。文法を形で覚えていけば、徐々に英語の文法を理解することができるようになります。この勉強法を試すときには、身近に使いやすい英語の文法から覚えるのがおすすめです。

関連記事

  1. 洋書 比較

    洋書比較!ハリーポッターを英語で読むのは初心者には難易度が高い?

  2. houseとhomeの違いと品詞ごとの意味や使い方とは?

  3. 英会話はディクテーションやシャドーイングでリスニング能力が高まる

  4. TOEIC出題形式

    時間がない人のための中学英語やり直しを評価!たった7日で総復習?

  5. レアジョブ英会話のレベルチェックで英語力を判定しよう!

  6. フィリピンで語学留学におすすめの地域と留学の時期を紹介

PAGE TOP

英語通信教育コラム

レアジョブ英会話のレベルチェックで英語力を判定しよう!

英語通信教育コラム

スカイプでのオンライン英会話!おすすめの無料体験レッスンとは?

英語通信教育コラム

英語を学ぶなら単語カードを100均のリングで作るのがおすすめ!

英語通信教育コラム

英語学習にNetflixをおすすめする3つの理由とは?

英語通信教育コラム

英検準一級の面接で使える表現とは?丸暗記や一夜漬けは通用しない!