英語通信教育コラム

英語耳使い方

英語を聞き取れるようになりたい!ヒアリングが上達するコツを知ろう

英語に苦手意識を持っている人の中には、「英語を聞き取れるようになりたい」という考えを持っている人もいるのではないでしょうか。そのような考え方で英語への苦手意識を持っている人は、ヒアリングの仕方を間違えている可能性があります。そこで今回はヒアリングが上達するコツを紹介していきます。コツを知っておくことで、今までよりも英語が聞き取りやすくなるでしょう。

音を意識することでヒアリングは上達する

英語のヒアリングを上達させるコツとして挙げられるのが、「音」を意識することです。具体的には英単語の発音を意識することが重要になります。しかし、この「音」を意識するトレーニングを行うためには、英単語を正しい発音で覚えることが必須です。日本人が英語を学ぶ場合、英単語を綺麗に発音することを意識しすぎて、正確な発音ができていないケースがあります。英語は文字として表しているアルファベットを読まないケースもあるため、その点に注意して発音を学ぶ必要があるでしょう。

正確な発音を覚えることができれば、「音」を意識しながらヒアリングを行ったときに英単語が聞き取りやすくなっている可能性が高いです。リスニングテストの場合は、正確な発音を覚えておけば簡単に聞き取りができるでしょう。しかし、外国人との会話の場合は地域によって独特な英語の訛りがあります。その訛りに慣れるまではヒアリングが難しく感じる可能性が高いです。この英語訛りに関しては、実際に現地の人の英語を聞いて慣れる以外にヒアリングが上達する方法はありません。

意味を理解することも上達の近道

「英単語の意味を理解する」ということもヒアリングを上達させるときに、重要なポイントになります。「英単語の意味を理解する」と聞くと、その単語の意味を覚えることを想像するかもしれませんが、そういう話ではありません。英単語を聞いたときに「その単語が指すものを頭の中でイメージできていること」が、ここでは「英単語の意味を理解できている」という捉え方になります。

例えば「apple」という単語を聞いたときに、頭の中でリンゴという和訳をするのではなく「赤色の丸い形をしたもの」をイメージできていることが重要なポイントです。このように英単語を聞いたときに瞬時に、その単語が持つイメージを思い浮かべることができればヒアリングで苦労するシーンが減るでしょう。

発音とイメージがヒアリングを向上させる

ヒアリングが上達するコツは「発音」と「イメージ」です。正確な発音を知り、その音を聞き取ることができればヒアリングで苦労しなくなるでしょう。頭の中で英単語の意味をイメージできれば、外国人との英会話でも言葉に詰まることなくスムーズに話を進められます。まずは「発音」と「イメージ」に注目しながら、リスニングのCDを聞いてみるのがおすすめです。

関連記事

  1. Nワードとは?意味を知って黒人に対して使わないようにしよう

  2. アルクTOEIC500点コース

    アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

  3. proposeとsuggestの違いを確認して使い分けよう

  4. hearとlistenの違いを易しく解説!正しく使い分けできる?

  5. DVDによる英語学習は、独学で英語を身に付けるのにベストな方法!

  6. 『美女と野獣』で英語を勉強すると上達するのが早くなる!

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース