英語通信教育コラム

英語を身につけたい!おすすめのネイティブな勉強法を紹介

外国の方が発する英語は日本人が話す英語とは、発音が違うケースが多いです。そのため日本人が外国の方に英語で何かを伝えようとしても、上手く伝わらないことがあります。そのような問題を解決するためには、ネイティブな英語を身につけるのが重要になります。そこで今回はネイティブな英語を身につけるための勉強法を紹介していきます。

留学してネイティブな英語を身につける

効率的な勉強法として挙げられるのが、留学です。留学を行うことで、外国の方が話す英語を直接聞き取れるというメリットがあります。外国で直接英語を耳にすることで、発音の違いを学べます。外国で生活するには自分も英語を発する必要があるため、実際に英語の発音を比較できるのも魅力的なポイントです。留学先で外国の方と仲良くなればネイティブな英語を教えてもらえるので、どんな勉強法よりも英会話の上達が速いでしょう。

留学は金銭的な余裕がない人には、難易度の高い勉強法だと言えます。留学が難しい人におすすめなのが、外国の方が集まる場所に行くことです。例えば外国の方が集まりやすいスポーツバーを調べて、その場所に訪れるのが良い方法だと言えます。そのスポーツバーで実際に英会話を始めることで、ネイティブな英語を覚えられるようになります。日本に滞在している外国の方は日本語を話せるケースも多いので、「どのような発音をすればネイティブな英語になるか」を日本語で解説してもらうのも良いでしょう。

海外ドラマを観るのも効果的

ネイティブな英語を身につける方法として、海外ドラマや洋画を観るのも効果的です。このときに重要なポイントは、吹き替え版ではなく字幕版で視聴することでしょう。字幕版であれば、実際に外国の俳優が話している英語を聞くことができます。俳優のネイティブな英語を聞きながら、その英語の意味を字幕で読み取ることで、ネイティブな英語に対する「リスニング力」が向上します。「リスニング力」が上達してきたら、次は字幕なしで英語だけを聞き取る練習を始めるのもおすすめです。

海外ドラマや洋画を観ることで、発音が向上するだけでなく英語のボキャブラリーが豊富になるというメリットも得られます。好きな作品を見ることは英語を楽しく学べるという魅力もあります。

外国の人が使う英語を聞き取ることが重要

効率的にネイティブな英語を身につけるためには、実際に外国の方が使っている英語を聞き取るのが重要になります。外国の方が話している言葉を直接聞き取れるような環境があれば理想的だと言えます。ネイティブな英語の発音を覚えられるようになったら、その英語をアウトプットするのも大切です。ネイティブな英語を何度も使用することで、いつでもネイティブな英語を話せるようになるでしょう。

関連記事

  1. シャドーイングの上手なやり方は英文を見ないのがコツ

  2. bigとlargeの違いとその使い分けとは?知っていそうで知らない

  3. collect・gather・assembleの違いは?集めるの英語を…

  4. 英語の発音矯正にはスクールへの通学がおすすめ!オンラインレッスン

  5. 英語のシャドーイングで口が回らない時の練習方法のコツとは?

  6. 英語の覚え方の簡単なコツ!単語はフラッシュカードアプリで丸暗記

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース