英語通信教育コラム

格安英会話

highとtallはどう違う?高さを表す単語の違いを知って使い分けよう

英語で高いことを意味する単語と言えば、highやtallがあります。どちらも基本的な単語なので、すぐに思いつきますよね。では、その違いはなにか、と聞かれると困る人も多いでしょう。高いことを意味する2つの単語をどう使い分けたらいいのでしょうか。highとtallの違いや実際の使い方をマスターしておけば、高さを伝えるときに役立ちます。

highは「高い位置にあること」tallは「細長いものの高さ」を示す

highとは、地上からの高さを示すときに使う単語で、対語は「low」です。高地にある、高いところにあるといった意味が強いです。また数字や数値が高い場合にも使います。例えば「high salary(高給)」「high blood pressure(高血圧)」といった使い方ができます。ほかにも身分が高貴である、評価が高い、といった意味もあります。

tallとは人間の身長の高さや物体の長さを示す語で、対語は「short」です。人間の背丈が高いときに「a tall man」といった使い方をします。ほかにも、ビルや煙突、樹木など横幅に比べて高さのほうがずっと長いものにはtallを使用します。身長が高い人について、「He is tall.」とは言っても「He is high.」とは使わないです。highは基本的には人間の背丈には使わないのです。2つの単語の違いは、どんな対象物に使えるかによります。どちらも基本的な単語ですが、使い分けるためにはその違いを知ったうえで、コツを知っておくことが必要ですね。

highとtallを使うときの注意点

highは、地面に接していなくても、高い位置にあるものを表します。例えば、高い位置を飛んでいる飛行機にもhighを使えます。物の位置だけでなく、数値やレベル、品質や評価や身分など、目に見えないものを評価するときにも使えるので幅広いですね。ただし人の背丈には使わないので、注意してください。tallは背が高くて細長いものに対して使います。「She is 163cm tall.」といった使い方が多いです。身長だけでなく、ビルや木などに使えますが、tallのほうが、使える対象が狭いですね。

似ている単語の違いを踏まえたうえで使い分けていくには、具体的にどんなものやイメージに対して使うのか、具体例を覚えておくといいですね。そのまま会話に使えそうなくらい短い文章の形で覚えておけば、あとあと役立ちますよ。英単語の意味だけではなく、実際の使い方をたくさん知って、英語の力を伸ばしましょう。

楽しく学んで語彙力の大幅アップを目指そう

誰もが知っているような基本的な単語でも、両者の違いを聞かれると困ってしまうというケースはけっこう多いですね。単語はバラバラに知っておくよりも、似ている意味やイメージの単語をまとめて覚えるほうが効果的です。違いがわかれば、洋書を読むときにも、会話をするときにも、ニュアンスまで含めて理解できるようになります。いままであまり意識してこなかった違いに注目すると、英語学習がもっと楽しくなりますよ。

関連記事

  1. 英語で舌が回らない時の対処法!発音の呂律が回らないし言葉が出ない

  2. ビジネスにも役立つアルクのヒアリングマラソンとその口コミと評価

  3. fix/repair/mendの違いを理解して正しく使い分けるポイント…

  4. 英語のシャドーイングで口が回らない時の練習方法のコツとは?

  5. 電話レッスン

    電話レッスンで日常会話のフレーズや挨拶、ビジネス英会話を習得!

  6. 英語勉強大人初心者

    英語の勉強を大人初心者でも簡単にできるようになる原則!

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座