英語通信教育コラム

英検準一級の面接で使える表現とは?丸暗記や一夜漬けは通用しない!

英検準一級といえば、英語をマスターするためには取得しておくべき資格です。合格するためには、筆記試験もさることながら面接試験でも高得点をマークすることが求められます。一夜漬けや丸暗記などといった勉強法ではなく、しっかりと実務レベルの英語力を身につけなければいけません。汎用性の高い、使える表現をマスターすることが必要です。詳細について見てみましょう。

実践で使える英語のマスターが合否を決める!

英検準一級で合格するためには、筆記試験同様に面接の受け答えもしっかりとできなくてはいけません。面接の出来不出来が合格を左右するといっても良いのではないでしょうか。英検も準一級レベルともなれば、丸暗記や一夜漬けの勉強法が通用するほど甘くはありません。確固たる実力がなければ太刀打ちできないと思った方が良いといえるでしょう。そこで、面接試験を上手く乗り越える方法として、実践で使える表現を増やしておくことが挙げられます。わかりやすくいえば、汎用性のある表現方法を一つでも多くマスターしておくことが大切です。

カギを握る汎用性

面接官に好印象を与えるためには、しっかりとした話の組み立てが求められることになるでしょう。何人もの受験生を相手にする面接官にとっては、「いかにも」というような答え方をしても、容易に見破られてしまいます。面接試験では面接官を納得させるような受け答えをしなければなりません。「結論」⇒「根拠」⇒「まとめ」といったような形式で文章を構成することも重要です。面接試験で高得点を得るためには、単語力よりもむしろ、文章力が問われます。この時にも、汎用性の高い表現を理解しているか否かが命運を分けることになるのではないでしょうか。

相手の意見も聞くこと

面接試験で注意しなければならない点として、結論や根拠、まとめなどと話を展開していく中で、同じ表現をなるべく使わないようにすることが挙げられます。同じ表現を繰り返すことで、文章全体が単調になってしまうことにもなりかねません。また、準一級クラスの面接ともなれば、面接官があえて受験生の意見に反論したり、異なる意見を述べたりすることもあるでしょう。そんな時には、感情的に反応することなく、相手の意見に耳を傾けることも重要です。

求められる表現力!

英検準一級の面接試験を合格するには、それ相応の実力をつけることが求められます。合否の行方を大きく左右することになる面接試験では、英語で正しく表現することが必要です。結論や根拠、そしてまとめという風に話をしっかりと組み立てなければいけません。汎用性に富んだ表現をマスターすることで、好印象を与えることも可能です。

関連記事

  1. 口語表現を一覧にして覚えると英会話の表現の幅も広がる

  2. サチンチョードリーの英語教材プロジェクト2020の効果はある?

  3. 英語通信教育社会人おすすめ

    英語通信教育で社会人におすすめの大人の教材はベネッセの進研ゼミ?

  4. TOEIC出題形式

    時間がない人のための中学英語やり直しを評価!たった7日で総復習?

  5. proposeとsuggestの違いを確認して使い分けよう

  6. needとwantの違いと意味や用法の使い分けについて

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座