英語通信教育コラム

英語のゲームを少人数の中学生が授業で取り入れると盛り上がる!

英語を勉強したいが英会話学校に通う時間が無い人は必然的に独学を選ぶことになります。そのような場合に最適な教材はゲームなのです。ゲームは遊ぶための玩具ですが、その一方で使い方次第では非常に質の高い英語教材にもなります。誰にも頼らずに独学で英語を習得するためにも、ゲームが英語学習に適している理由について学びましょう。

自然な英会話を耳で覚えることができる

英語学習にゲームが適している理由は自然な英会話を何度でも繰り返して聞くことができる点です。英会話学校でも講師が会話形式で英語を教えますが、生徒の都合で何度も同じ部分を繰り返すことはできません。しかしゲームなら任意のタイミングで何度でも同じ部分を聞くことができます。分からない部分をそのまま放置して次に進むということが無いので、繰り返して覚える学習方法に最適なのです。また、自分で操作することによって耳で聞くだけではなく、体全体の動きで英語学習ができるのもゲームならではの魅力と言えます。

ネイティブな発音と日本語字幕を一度に確認できる

英会話学校の欠点として、英語での会話と日本語での説明に時間差が生じる点が挙げられます。いくら記憶力が良くても英会話を一文字たりとも間違えずに覚え、さらにそこへ日本語の説明を重ねて比較するのは非常に困難です。また、流ちょうな英語を話す講師が必ずしも日本語が上手とは限りません。日本語と英語のニュアンスの違いを理解できず、誤った内容を教えてしまう可能性があるのです。その点、ゲームによる英語学習は英語圏に暮らす人ならではのネイティブな発音に日本語訳の字幕が付いてくるので、音声と文字を照らし合わせることが容易なのです。一般の英会話学校では扱わない、訛りやスラングもゲームなら当たり前のように出てきます。そのため、より実用的な英語学習が可能になるのです。

日本で発売されているゲームの中で、英語圏の国を舞台にした物はその多くがネイティブな発音で英語を話す役者を起用してキャラクターの声を吹き替えています。ゲームを楽しみながら流ちょうな英会話を聞くことができるので、楽しみながらネイティブ並みの英語力を持つことも不可能ではありません。

楽しく学べるのがゲームの利点

ゲームを利用した英語学習は時間に縛られない他、任意のタイミングで何度でも繰り返すことができるのが大きな特徴です。英会話教室には無い利便性を持つゲームは、独学で英語を習得したい人にとって理想的な教材なのです。面白いゲームは何度プレイしても飽きません。そのため、結果としてネイティブな発音と流ちょうな会話を何度も聞く形になり、英語力の向上が期待できるのです。

関連記事

  1. アルクTOEIC600点コース

    アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

  2. admissionとpermissionの意味の違いと使い分け方とは?…

  3. エヌワードとは

    hearとlistenの違いを易しく解説!正しく使い分けできる?

  4. もう一度英語ビジネスplus

    評判のplusビジネスで、もう一度英語を学び、基礎力を高めよう

  5. collect・gather・assembleの違いは?集めるの英語を…

  6. アルクTOEIC500点コース

    アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

PAGE TOP

英語通信教育コラム

世界中で利用されているEFイングリッシュライブ!口コミの評判は?

EFイングリッシュライブ口コミ

英語通信教育コラム

オンラインで学べるライザップイングリッシュは初心者でも高い学習効果を期待できる

英語通信教育コラム

プログリットで行われている、シャドーイングや多読の教材を使った学習の効果

プログリット評判

英語通信教育コラム

幼児期から始めるイムラン先生のハッピーイングリッシュ

ハッピーイングリッシュ

英語通信教育コラム

サマー先生と学ぼう!プライムイングリッシュの使い方と効率の良い勉強方法を紹介

プライムイングリッシュサマー