英語通信教育コラム

英語のシャドーイングで口が回らない時の練習方法のコツとは?

いざ英単語や英文を発音しようとすると、思ったように口が回らず言い切れないことはありませんか?これはとても多くの人がぶつかる壁の一つですが、その解決方法にはあまり言及されていない部分でもあります。そこで英語の発音で躓いてしまった時にそれを解消するための練習方法やチェックポイントについて解説していきます。

すぐには発音できなくて当然なので焦らない

日本語の発音方法と英語のそれとでは実は大きく異なっており、日本語は口先で発音し、英語は喉から発音する傾向にあると言われます。当然口の動かし方が違うので表情筋の発達部分も違っていて、身体がまだ英語の発音をするのに適した状態ではないのです。そのためいくら日本語の発音に自信があったとしても、同じように英語がスラスラ発音できるとは限りません。そのため最初に念頭に置かなければいけないのは、何度も繰り返し発音を練習して英語の発音に適した口や表情の筋肉を発達させる事です。

最初に上手く発音できなかったとしても焦ること無く、何度も繰り返し練習することで、だんだんと発音がしやすくなり口も回りやすくなってくるのでまずは継続することが重要でしょう。

どうしても口が回らない時はゆっくり発音する

ネイティブの英語だととても早い速度で喋るので同じように喋らなければいけないと思ってしまいがちですが、たとえ英語圏であろうと言葉を話したての子供などは最初ゆっくり喋りながら徐々に言葉や発音に慣れていき、次第に軽やかに喋る事ができるようになっていきます。最初から無理に難易度の高い早い喋り方を練習しつづけると、上手くいかない事でストレスを感じて学習意欲にも悪影響が出てしまう危険性があるので避けたほうが良いでしょう。まずは自分でしっかり発音できる速度でゆっくりと発音練習を繰り返し、発音そのものが問題なくできるようになったらその時に徐々に早く発音するトレーニングへと切り替えれば良いのです。

シャドーイングをスローテンポで行う

シャドーイングとは英語の音読CDなどを流しながら、ついていくように少し遅れて自分も音読する練習方法です。お手本の音声を聞きながら同時に口真似をする方法なので正しい発音を忘れないうちにすぐ実践練習することができて身につきやすく、複雑なことを考える必要もないため集中しやすい方法です。このシャドーイングを、口が回らない場合はおいついていける程度にまで再生速度を落として行うことで、自分のペースで練習していくことができます。

口が回る速度から徐々に慣らすのが上達の近道

口が上手く回らず四苦八苦してストレスをためてしまうよりも、自分の口が回る速度から始めて繰り返し反復練習を繰り返す事が英語の発音練習には大切です。反復練習を繰り返す事は精神面に加えて物理的にも発音に適した身体へと鍛えられていくので、だんだんと発音が簡単になっていきます。一気に上手になろうとせず、細く長く続けていくようにしてみましょう。

シャドーイングの練習に役立つアプリとは?

シャドーイングの練習に役立つアプリはスタディサプリENGLISHです。
スタディサプリENGLISHは、リクルートが提供しているアプリです。
通学中や通勤中でも手軽に英語のシャドーイングの練習ができます。

関連記事

  1. ビジネスにも役立つアルクのヒアリングマラソンとその口コミと評価

  2. 英語勉強大人初心者

    英語の勉強を大人初心者でも簡単にできるようになる原則!

  3. 右脳を使った英語学習インプット法!左脳を使ったアウトプット

  4. 習得する英語のイントネーションを独学で勉強する方法とは?

  5. 社会人が英語の勉強をするのにおすすめの参考書を紹介!

  6. 30歳英語やり直し勉強法

    大学入試の難問である英語口語表現を上達する勉強方法のコツとは

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース