英語通信教育コラム

tskの意味と英語の舌打ちによるスラングのタイミングを見極める

似たような仕草も言語によって意味が大きく変わります。日本語と英語ではまったく意味が異なる仕草も少なくありません。英語は多くの国や地域で公用語として使われている言語なので、仕草の意味を正しく理解しないと大きなトラブルに見舞われることもあります。正しい英語の意味を知るためにも、英語ならではの仕草について学びましょう。

英語での舌打ちは当たり前の仕草のひとつ

日本では舌打ちに対する印象は非常に悪く、相手への敵意や憎悪の意思表示と見なされるのが普通です。しかし英語での舌打ちは決して悪い意味ばかりではありません。むしろ、日常会話の合間で普通に行われる仕草なのです。もちろん英語でも相手への怒りや憎しみを表現するために舌打ちをすることはありますが、そのような場合は敵意を向ける仕草や強い口調で批判的な事を言うのが普通です。相手への敵意が無い舌打ちは会話の合間に正しく発音するための行為なのです。英語の発音は舌を複雑に動かすことが多く、英語以外の言語に慣れている人には非常に困難なケースもあります。これは英語のように舌を複雑に動かす機会がほとんど無いのが理由です。

中でも舌打ちはその傾向が顕著であり、同じアルファベットを用いる欧州諸国の言語も英語をネイティブ並みに話すのは困難とされています。舌打ちを交えた会話がほとんど無いのが理由であり、その点から見ても英語の特異性が際立っていると言えるのです。

舌打ちのタイミングを見極めるのが英語を習得する近道

ネイティブ並みの英会話をマスターするなら会話の合間に行う舌打ちのタイミングが重要になります。英語は同じ言葉でも発音で意味が大きく変わることも珍しくありません。誤った意味にならないよう、会話の所々で舌打ちを行って正しい発音ができるようにしています。そのタイミングを正しく知ることができればネイティブ並みの英会話を行うのも決して不可能ではありません。また、舌打ちは力任せではなく、舌の位置を少しずらす程度の感じで軽めに行うのが正しく発音するコツです。日常会話での当たり前な仕草とはいえ、聞こえよがしに舌打ちを繰り返すのは相手に不快感を与えるので絶対に行ってはいけません。

舌打ちが上手な人ほど綺麗な発音ができる

英語はいかに正しい発音で話すかが重要なので、舌の位置を細かく調節できる舌打ちの正しいやり方は必ず覚えなければいけません。いくら単語の意味や文法を理解しても、舌打ちを交えた流ちょうな会話ができなければ英語力を身につけたとは言えないのです。舌打ちは失礼な仕草ではなく、正しく発音するために必要な行為と認識することが綺麗な発音で英会話を楽しむ条件になります。

関連記事

  1. TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはど…

  2. atlasとmap、どこに違いは?どう使い分ける?両方とも「地図」を意…

  3. ディクテーションやシャドーイングで英会話のリスニング能力が高まる

  4. 英会話上達にかかせない!アプリのおすすめポイントとは?

  5. hearとlistenの違いを易しく解説!正しく使い分けできる?

  6. 英語が苦手な人でも覚えられる!独学での文法の覚え方

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース