英語通信教育コラム

「shop」と「store」の意味の違いは?使い分けるためには?

英語を独学で学ぶ上で意識したいのが、英単語の正しい意味合いです。「store」と「shop」は国内ではしばしば混同もしくは誤用されています。お買い物に関する英文は、日常生活の中でもよく触れるものです。優先的に正しい意味合いと、実際の英語圏ではどのように使われているか理解しておきたいところです。使い分けと違いを知り、シチュエーションに合わせて活用出来れば、それだけでレベルアップです。

混同しやすい「shop」と「store」の英単語

「shop」と「store」は意味合いが似ており、しばしば日本国内では混同されています。この2つの単語に限らず、日本国内では和製英語やメディアが独自に作り出した英語風の造語が広く使われています。和製英語や俗語は英語圏では通じません。storeとshopは海外旅行をする際にも、利用頻度が高い英単語なので、正しい意味合いを理解し、使い分けられるようになっておきましょう。

単刀直入に言えば、shopとstoreの違いは、店舗のスタイルです。まず前者ですが、商品の販売だけではなく、物の加工やメンテナンスなど、幅広くサービスを顧客に提供している営業形態のお店を指します。具体的にはオーダーメイドのスーツ店や靴店、職人が販売する工芸品のお店やアンティーク家具のお店、時計店やお花屋さんや写真店などが該当します。

storeの正しい意味合いと英語圏で実際の使い分け

後者のstoreは主に商品販売をメインにした小売店舗を指すのです。具体的にはコンビニエンスストアや個人経営の模型店や酒屋、ディスカウントストアや100円均一のお店や大手チェーンのスーパーマーケットや家電量販店などです。スーパーや家電量販店もまた多様な顧客サービスを提供していますが、いわゆる販売する商品をスタッフの方が店内で、直接加工したり修理するわけではありませんので、shopではなくstoreと表現されるお店の形態となります。

英国ではサービス提供や品物販売を行う店舗の事を、総称としてstoreと表現する事が多いです。storeは完成済みの製品を販売する百貨店や量販店や大手チェーンを個別に指す言葉として使い分けられています。一方、米国でも基本的にお店を指す言葉としてstoreが広く一般的に用いられていますが、いわゆる個人商店や郊外の小さな専門店などは、shopと呼ばれる事が多いです。米国では営業スタイルに関係なく、お店の規模で2つの単語が使い分けられている可能性が高く、要注意です。

英単語の本質的な意味合いを理解しましょう

shopとstoreは非常に意味合いが似た者同士の英単語です。日本人の間ではかなり混同されており、世間では正しいニュアンスで使われていないこともしばしばです。2つの英単語の本質的なニュアンスを理解しておけば、英語の勉強ははかどります。また海外旅行の際、お買い物に関する英単語は頻繁に使うはず、言葉の違いと使い分けの方法を知っておけば、英語圏でも困りません。

関連記事

  1. 英語やり直しアプリ

    中学英語のやり直しのアプリで復習!無料で学びたい人におすすめ

  2. 格安英会話

    highとtallはどう違う?高さを表す単語の違いを知って使い分けよう…

  3. 右脳を使った英語学習インプット法!左脳を使ったアウトプット

  4. 狙う 英語

    英語をやり直してtoeicで高得点を確実に狙う効率が良い勉強法

  5. speakとtalkの違いを理解して使い分け方を覚えよう

  6. 独学で英語のリスニング能力を高めるにはディクテーションやシャドーイング…

PAGE TOP

英語通信教育コラム

英語のシャドーイングで口が回らない時の練習方法のコツとは?

英語通信教育コラム

英語における舌打ちの意味と注意点!スラングと読み方

英語通信教育コラム

英語をうまく喋るには舌や口のトレーニングやエクササイズ

英語通信教育コラム

舌足らずでも英語の発音をネイティブ並にするトレーニング方法とは?

英語通信教育コラム

英語で舌が回らない時の対処法!発音の呂律が回らないし言葉が出ない