英語通信教育コラム

TOEIC出題形式

TOEICの出題形式を把握してから対策をしよう!

TOEICは英語の能力を把握したい人にとって、人気の試験です。今後チャレンジしてみたい人にとって、まずは出題形式を知っておくことが必要です。出題形式を知らないと、有効な対策を取ることができないですよね。出題形式を意識して勉強しておくことで、本番の試験でもあわてずに点数を取ることができます。少しでも高い点数を目指してみましょう。

TOEICはリスニングとリーディングに分かれている

TOEICの出題形式は、大きく分けてリスニングとリーディングのパートに分かれています。どちらも100問ずつ、合計で200問となります。リスニングは45分、リーディングは75分、トータルの試験時間は2時間になります。問題の量が多いため、初心者にとっては最後まで解答するだけでも大変な試験です。リスニングではパート1からパート4まであります。最初は短い文章ですが、後半になるほど長めの会話やナレーションを聞いて解答することになります。音声は1度だけしか流れず、音声の内容の印刷もありません。リーディングではパート5からパート7まで3つのセクションがあります。最初は短文ですが、後半の問題ほど長文になるため、速読する力が必要になります。TOEICを時間内に解くには、普段から出題形式を踏まえて、有効なトレーニングを実践しておくことが欠かせません。

TOEICのリスニングは内容をスピーディーに聞き取ろう

TOEICのリスニング問題のパート1では印刷された写真を見ながら、写真に合った文章を選ぶ問題が6問あります。パート2では、短い文章が流れるので、もっともふさわしい応答になる文章を選ぶ問題が25問出題されます。パート3では、2~3人の会話が流れます。会話の内容に沿った設問が3問ずつ用意されています。設問に最もあった選択肢を選ぶ問題となっており、39問もあります。パート4ではアナウンスやナレーションの音声が流れます。トークごとに設問が3問あるので、ふさわしい回答を選びます。パート4は30問あります。図表を踏まえて解答する出題形式もあります。印刷されている設問の内容をできるだけ早く読みながら、会話の内容を聞き取り、解答していきましょう。

TOEICのリーディングでは流れをつかみながら素早く読もう

TOEICのリーディングでは、時間を意識しつつ速読する力が必要です。パート5では短文の一部が欠落した文章が30問並んでいます。欠落した部分に当てはめるべき回答を4つの選択肢の中から選びます。パート5は約10分を目安に30問を解きましょう。パート6では、長文のなかで一部分が欠落しているので、穴埋めにふさわしい回答を4つの選択肢から選びます。穴埋めにいれるべき回答は、単語のときもあるし、句や一文のときもあります。パート6は16問あります。パート5とパート6はできるだけ短時間で解きたいパートです。

パート7はもっとも大変なセクションです。長文を読んで4つの選択肢のなかからもっとも適当な答えを選びます。設問で出題される文章の形式は、一つの文章が29問、複数の文章が25問となっています。リーディングでは長文の内容を大まかにつかみながら、流れに乗って読んでいく能力が必要です。

TOEICの出題形式を意識した学習をしよう!

TOEICは英語の能力を知るには大きな目安となっている試験です。受験や就職でも重視される傾向があるので、できるだけ高得点を狙いたいですね。時間内にしっかり解くためには、普段から出題の傾向や形式を意識して勉強していきましょう。会話や文章の内容をつかみながら、時間配分を意識して解答してくださいね。普段から英語の音声やスピード、長文を素早く読んでいく能力を鍛えておきましょう。

関連記事

  1. Netflixで英語学習!初心者でも海外ドラマで上達する方法!

  2. アルクキクゾー

    アルクヒアリングマラソンベーシックkikuzo(キクゾー)の評判は?

  3. trip、travel、journeyの違いと正しい使い分けとは?

  4. スカイプでのオンライン英会話!おすすめの無料体験レッスンとは?

  5. 『美女と野獣』で英語を勉強すると上達するのが早くなる!

  6. サチンチョードリーの英語教材プロジェクト2020の効果はある?

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース