英語通信教育コラム

社会人が英語の勉強をするのにおすすめの参考書を紹介!

社会人になって英語が必要になる場面が増えたという方もいるのではないでしょうか。そのような方が英語の勉強を始めようとしても、参考書が多すぎて何を基準に選べばいいかが分からないというケースも珍しくありません。そこで今回は社会人におすすめの参考書を紹介していきます。ここで紹介した参考書を使うことで、仕事で英語を使えるようになるでしょう。

どのスキルを身につけたいかによって参考書の選び方が変わる

英語を学ぶときに考えるべきことが、どのスキルを身につけたいかという部分です。その部分を考えずに参考書を選んでしまうことで、勉強の効率は悪くなってしまいます。英語を学ぶときに必要なスキルは、「単語力」、「文法力」、「瞬発力」、「リスニング力」の4つになります。この4つのスキルの中で、自分が最も苦手なものを補うのが重要です。例えば「単語力」が低い人は、単語が多く書かれている参考書を選択するのが良いと言えます。

苦手なスキルが複数ある場合は、そのスキルに特化した参考書を1冊ずつ購入するのが良いでしょう。例えば「単語力」と「文法力」が低い場合は、「単語力」を強化するものと「文法力」を強化するものを1冊ずつ選びましょう。参考書の中には「単語力」と「文法力」の両方を補えるものもありますが、その参考書では両方のスキルがあまり成長しない可能性が高いです。

スキル別!社会人におすすめの参考書

「単語力」が低い社会人におすすめの参考書は「キクタン2000」です。この参考書には英語の基礎となる単語が掲載されているため、単語を覚えたい人に適したアイテムだと言えます。「キクタン2000」は、例文で単語の使い方を教えてくれるのも良いポイントでしょう。「文法力」が低い社会人は「世界一わかりやすい文法の授業」という参考書がおすすめです。文法を分かりやすく解説しているのが、この参考書の魅力的なところでしょう。独特な話し言葉で書かれているので、授業を受けているような感覚で英文法を学べます。

「瞬発力」に課題がある人は、瞬間的に英語が出せるようなトレーニングが必要になります。そこでおすすめなのが、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。この参考書は、ページに記載された日本語を瞬時に英語へと変換することを目的に作られたものになります。「リスニング力」を身につけたい方は、「超低速メソッド」がおすすめの参考書です。「超低速メソッド」は、ゆっくり英会話が流れるので英語を聞き取りやすいというメリットがあります。はっきりと聞き取れるので、英語の発音を覚えやすいでしょう。

自分に合った参考書を選ぶのが重要

社会人が英語を学びたいときは、自分に合った参考書を選ぶのが重要です。「単語力」が低いのに、「文法力」に特化した参考書を選んでしまっては効果がありません。まずは自分に必要なスキルが何かを知ることから始めるのが良いでしょう。自分の苦手分野が分かれば、自分に合った参考書を選びやすくなります。適した参考書で英語を勉強することで、仕事に英語を活かせるようになるでしょう。

関連記事

  1. 英語耳使い方

    英語を聞き取れるようになりたい!ヒアリングが上達するコツを知ろう

  2. インフェルノ英語学習

    U-NEXTを使って英語学習をすればインフェルノなどの映画を見ながら英…

  3. エヌワードとは

    ビジネスにも役立つアルクのヒアリングマラソンとその口コミと評価

  4. collect・gather・assembleの違いは?集めるの英語を…

  5. speakとtalkの違いを理解して使い分け方を覚えよう

  6. fix/repair/mendの違いを理解して正しく使い分けるポイント…

PAGE TOP

英語通信教育コラム

hanaso英会話の窓ロネットはどうなの?オンライン英会話の初心者でも大丈夫!

hanaso英会話窓ロネット

英語通信教育コラム

産経オンライン英会話プラスは子供の小学生や中学生や高校生からも評判が良い?

産経オンライン英会話プラス

英語通信教育コラム

ビズメイツはAndroidやiPhone、iPadでのオンライン授業が可能!

ビズメイツ人気講師

英語通信教育コラム

NOVAの充実したテキストでTOEICレベルアップ対策ができる?

NOVAレベルアップ対策

英語通信教育コラム

7+English(セブンプラスイングリッシュ)パーフェクト編は子供からの評判も…

セブンプラスイングリッシュ