英語通信教育コラム

英語の口語表現を勉強するときのコツ!自然な日常会話表現をしよう

日本語と同じように英語にも口語表現と文語表現があります。口語表現は会話のときによく用いられるのが特徴で、英会話を学ぶときには口語と文語を区別して覚えることが欠かせません。その勉強を効率良く、実用的な形で進めるためには押さえておくべきポイントがあります。成果を上げやすくするためのコツを理解しておきましょう。

実践的なトレーニングを積もう

英語の口語表現を学ぶときには二段階に分けて勉強するのがコツです。まずは表現を全く知らなかったら何も話すことはできないため、口語でよく用いられるフレーズをインプットすることから始めましょう。口語表現は短いフレーズのものがたくさんあるので全て覚えようとするとかなり大変になります。自分が英語を使って話をする場面を想像してよく使いそうな表現をピックアップして覚えていくのが得策です。

シャドーイングも取り入れよう

覚えるときにはただ黙読するよりも音読した方が効果的です。口を動かして音声を出してみると、目から入る情報だけでなく口の筋肉と耳から入る音も使って覚えられるので効率が上がります。どの単語にアクセントを置くのかを直感的に理解するために、音声教材を使って聴きながら音読のトレーニングをするとさら効果が上がるでしょう。慣れてきたら文字情報を使わずに、音声だけを聞いてリピートするようにすると文字に頼らずに自分の言葉として発することができるようになります。さらにワンランク上を目指そうと思ったらシャドーイングも取り入れてみましょう。音声を聴いて一単語遅れで追いかけるようにフレーズを口に出すのが効果的なやり方で、会話をするときに必要な耳と口を同時に動かすトレーニングになります。

正しい口語表現で話そう

このような実践的なトレーニングを積む過程で様々なフレーズが頭に入っているでしょう。この時点でもう一度文字情報に戻って意味や活用シーンを確認していくと、あらためてフレーズの意味合いについて理解できます。このようにしてインプットをした後に実践的なトレーニングをして最後に確認をするというサイクルを作ると、多種多様な場面で自然に正しい口語表現で話をできるようになっていくでしょう。

口語表現は口に出して覚えよう

英語の口語表現を勉強するときのコツは実際にフレーズを使うシーンを想定してトレーニングをすることです。ただ暗記しようと考えるよりも、フレーズを口に出した方が実践的な形で覚えられます。音声教材を使ってリピートやシャドーイングをするのも効果的です。そして、最後にあらためて意味を確認すると色々なシーンで活用できるようになります。

関連記事

  1. needとwantの違いと意味や用法の使い分けについて

  2. ネイティブイングリッシュグラマー

    ネイティブイングリッシュグラマーの教材の勉強法を本音で検証!

  3. italki(アイトーキ)の口コミによる評判は実際どうなの?

  4. 英語勉強大人初心者

    英語の勉強を大人初心者でも簡単にできるようになる原則!

  5. 6ヶ月コース

    アルクのヒアリングマラソン6ヶ月コースの口コミ紹介

  6. アルクTOEIC教材900点コース

    評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

PAGE TOP

英語通信教育コラム

ポケトークセンターの使い方や登録方法とは?英語の履歴が残る!

ポケトークセンター使い方

英語通信教育コラム

ポケトークの評判とそれを使った勉強法!英語から日本語へ簡単に翻訳

ポケトークs使い方

英語通信教育コラム

英語も翻訳できるKAZUNA eTalk5とポケトークsの機能やスペックの比較

KAZUNA eTalk5

英語通信教育コラム

世界中で利用されているEFイングリッシュライブ!口コミの評判は?

EFイングリッシュライブ口コミ

英語通信教育コラム

オンラインで学べるライザップイングリッシュは初心者でも高い学習効果を期待できる