英語通信教育コラム

狙う 英語

TOEICをやり直して英語で高得点を確実に狙う効率が良い勉強法

英語のやり直しをするきっかけにTOEICで高得点をとりたい人が多いです。しかし大人になってからは時間もなく仕事の後では疲れて勉強なんてできない状況の人がほとんどです。そんな忙しい方に今回は効率が良い勉強法を紹介します。

英語のやり直しで効率的な方法はこれ

TOEICで高得点をとるための一番効率が良い勉強法はTOEICを主催しているETSが出版しているTOEICの公式問題集を解くことです。

しかし英語がわからず問題集が全くわからない、そもそも英単語や文法について覚えていないという人は中学英語から基礎をやり直した方が効率的です。TOEICでは文法や単語といった基礎だけでなくリスニングやスピーキングの実力も必要なため練習していく必要があります。リスニングは自分が好きな海外ドラマを吹き替えなしで視聴するのも良いですし、NHKラジオ英会話なども無料で利用できるアプリがあるので試してみるのも良いでしょう。

スピーキングの一環として瞬間的に英作文を作れるようになりましょう。自分が話したいと思う日本語の文章から英文にする必要があるため必ずできるようにしておきましょう。単語は覚えている数が少ないと困りますが、覚えている数が多くて困ることはありません。

できるだけ多くの単語を覚えて相手が何を言いたいのか理解できるように努めましょう。自分が知らない単語が問題文ででてきた時ほど困ることはありませんよね。そういった事態がないように単語は多く覚えましょう。

TOEICで高得点を狙いたいなら問題集はこれ

英語をやり直してTOEICで高得点を狙いたいのであればTOEIC対策用の問題集を解くしか方法はありません。幸いTOEICを主催しているETSという団体が作成し出版している公式の問題集があります。

この問題集を一冊だけではなく数冊解き、何度も同じ項目を見直し、解きなおしていけば高得点がとれるようになります。問題の傾向が同じのため、何度も解いていくことで傾向を掴むことができるのです。

基礎をやり直す時もこれをやる

TOEICの公式問題集はまだ難しいという人は中学英語から基礎をやり直していきますが、基礎のやり直し中でも以下の2つは行いましょう。

1、リスニング

リスニングは耳が英語に慣れる時間が必要です。どれだけ多くの単語や英語の会話を聞けるかが成果に繋がりますので基礎問題を解いているときでも単語の暗記と並行して行いましょう。

2、ネイティブの発音に似せてスピーキングの練習

スピーキングも同じです。単語の暗記を行うときにヒアリングし、発音をする。英会話が出来るレベルになるまでは独り言を言いながら発音を練習していきましょう。

関連記事

  1. 大人公文英語効果

    公文の英語の大人のドリルは効果がない?通信学習の月謝は高い?

  2. シャドーイングの上手なやり方は英文を見ないのがコツ

  3. appointment・reservation・bookingの違い。…

  4. 格安英会話

    highとtallはどう違う?高さを表す単語の違いを知って使い分けよう…

  5. 主婦英語やり直し

    主婦が英語をやり直しするのは時間とお金がなくてもできる!?

  6. 習得する英語のイントネーションを独学で勉強する方法とは?

PAGE TOP

英語通信教育コラム

アルクの児童英語インストラクター資格取得講座は分かりやすいレッスンプランと豊富な…

アルク児童英語インストラクター資格

英語通信教育コラム

口コミで人気のJ-SHINE資格取得に役立つアルクの小学校英語指導者資格

アルクJ-SHINE

英語通信教育コラム

アルクの英文法イメージトレーニングの口コミや評判を紹介

アルクの英文法イメージトレーニング

英語通信教育コラム

アルクのボキャビルマラソンパワーアップコースの効果と評判

アルクボキャビルマラソンパワーアップコース

英語通信教育コラム

トライアルコースもあるアルク映像翻訳Web講座での翻訳者合格の口コミ

アルク映像翻訳Web講座