英語通信教育コラム

英語舌トレーニング

cureとhealの違いは語源にある!意味とニュアンスを知ろう

日本人にしてみたら同じような意味やイメージに見えるのですが、実は微妙に違う英単語って多いですよね。cureとhealは、ともに病気を治す、癒すといったイメージがありますね。英単語の知識を増やして実際に使っていくには、語源や意味、使い分けのコツをチェックすることがおすすめです。似たようなイメージの単語の違いを知っておけば、迷わずに使いこなせるようになりますよ。

cureとhealは語源やイメージが違う

cureの語源は、「curare」というラテン語です。治療する、世話をするといった意味を持っています。「curare」を語源にもつ単語には、他にもcare「注意する、心配する」があります。一方でhealの語源は、「holos」というギリシア語で、「本来の姿に戻る」といった意味があります。もとの健康な状態に戻す、あるべき状態にする、といったイメージですね。ヒーリングミュージックのように、癒しをもたらしてくれるイメージもありますね。語源の違いによって、意味やイメージも少し変わります。使い分けに迷ったら、語源にさかのぼって考えるのも、英語学習のコツの一つです。似ているけど実はちょっと違う、という英単語は多いですよ。自分で使い分けるためにも、違いを知っておくことが大切です。

cureとhealを使い分けるコツ

cureは、病気や悪い習慣を治す、問題点を正す、といったケースで使います。「cure a cancer」のように目的語に病名を持ってきて、病気を治療するといったときに使いましょう。healは、ケガや切り傷などの外傷を治すときに使います。また心の傷などメンタルのダメージを癒やすといったイメージもあります。「heal wounds」「heal a broken heart」といった感じで、傷を癒やすといったイメージを意識しておきましょう。2つの単語を使い分けるときには、どんな内容の治療なのかを理解して使うと間違えにくいですよ。一般的に、病気やケガの治療にはcureを用いることが多いです。特に外傷を治すときにはhealを使う、と覚えておくといいですね。

英単語の意味をバラバラに覚えるよりは、違いを踏まえつつ使い分けられるようにしておくと、実際に会話するときに役立ちます。たくさんの英単語を覚えるためには、単語の成り立ちや使い分けるためのポイントを踏まえて、楽しく学習していきましょう。

英単語の違いをおさえて語彙力をアップさせよう

よく似ているけど、実は違う単語やフレーズはまとめて覚えてしまうほうが、効率がいいですよね。覚えるときには、違いを意識しつつ、具体的な会話のなかでの使い方を含めて覚えておくと、記憶に残りやすく使いやすいですよ。英語にも似たようなイメージの単語は多いので、ひとまとめに覚えておけば、一気に語彙を増やすことができますよ。

関連記事

  1. 中学英語通信教育大人

    TOEICの前日の対策!悪あがきをしても意味がないの?

  2. アルクTOEIC500点コース

    アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

  3. ハッピーイングリッシュ講師

    ハッピーイングリッシュは講師のイムラン先生による幼児の英会話教材

  4. 30歳英語やり直し勉強法

    30歳から英語やり直しは何から?勉強法のコツと秘密道具を紹介

  5. italki(アイトーキ)の口コミによる評判は実際どうなの?

  6. home動詞

    houseとhomeの違いと品詞ごとの意味!動詞としての使い方とは?

PAGE TOP

英語通信教育コラム

マイチューターとベストティーチャーを徹底比較!【オンライン英会話】

マイチューター

英語通信教育コラム

ベストティーチャーはライティングスキルも身につくと評判!TOEFLやIELTS対…

ベストティーチャー

英語通信教育コラム

ジオスオンラインは子供への英会話教育にはレベルアップテストが導入されているから効…

英語勉強初心者ブログ

英語通信教育コラム

ECCオンラインレッスンやスマホアプリのトーキングマラソンを使って独学で英会話を…

ECCオンラインレッスン

英語通信教育コラム

ランカルのプラン変更や退会の方法について

ランカル退会