英語通信教育コラム

口語体と文語体の違いを勉強して英語学習に取り組もう

英語学習の際に口語体と文語体の違いを勉強するのは非常に重要なポイントです。独学での英語学習は第三者による指導が受けられないので、間違った知識をそのまま覚えないように注意する必要があります。その一方で独学には時間の調整が容易な利点があるので、苦手分野を克服するにが最適な方法であることも事実です。英語力を持つために、口語体と文語体それぞれの違いと学習方法について学びましょう。

英語の口語体と文語体の違いを勉強しよう

口語体と文語体はどちらも同じ言葉ですが、口語体は話し言葉、文語体は書き言葉の別名があります。口語体は日常会話で用いる言葉で、文語体は文章を作成するときの言葉です。英語の口語体と文語体はまったく別の言葉と言っていいほどの違いがあり、この点が英語学習のネックになるのです。英語における口語体と文語体の違いは表現方法の違いであり、ひとつの文章を構成する単語の数や種類が異なります。文章を構成する際、口語体での表現は使用する単語が多くなります。これは話し言葉をそのまま文章にしているためです。その一方で文語体は書き言葉なので余計な装飾がほとんどありません。使用する単語も口語体と比べると少ないのが特徴です。

口語体と文語体の文章は同じ内容でも表現方法がまったく異なるケースが少なくありません。独学で英語学習に取り組む場合、一度に両方を覚えるのは非常に困難です。そのため、どちらかを覚えてからもう片方を覚えるのが無難な方法と言えます。

独学での英語学習は根気強く勉強することが肝心

英語学習において非常に難しいとされるのが口語体と文語体の違いを理解することです。同じ内容でも文章表現が大きく異なるので、二通りの表現方法を覚えることになります。日頃から英語に慣れ親しんでいる人でもない限り、一度にすべての表現方法を覚えるのは非常に困難であることは否定できません。また、外国語をネイティブレベルで習得するには長い時間を要するので根気が求められます。良い結果を得られるまでの時間は人によって違うので場合によっては焦りを感じるかもしれません。特に独学の場合は客観的な判断が難しいので余計に不安に思えてしまいますが、それでも諦めずに根気強く学び続けるのが英語力を持つための重要な条件になります。

英語だからと気おくれせずに自信を持って勉強することが重要

英語は口語体と文語体の違いが顕著であり、覚える言葉が非常に多くなります。英語学習に取り組む際は覚えるべき情報が多いことに不安を感じてしまうことも珍しくはありません。しかし、どのような言語も根気強く学べば覚えることは可能です。英語も同様であり、途中で諦めずに少しずつ覚える姿勢を保ち続けることが重要なのです。

関連記事

  1. アルクのヒアリングマラソン中級コースの評判や口コミ

  2. ネイティブイングリッシュ

    ネイティブイングリッシュの口コミは?本音で評価を検証してみた

  3. fix/repair/mendの違いを理解して正しく使い分けるポイント…

  4. 舌足らずでも英語の発音をネイティブ並にするトレーニング方法とは?

  5. 右脳を使った英語学習インプット法!左脳を使ったアウトプット

  6. wide・broad・vastという意味の似た単語の違いとスラング

PAGE TOP

英語通信教育コラム

TOEIC L&RのIPテストで就活に必要とされるスコアはどれくらい?…

英語通信教育コラム

評判のよいアルクのTOEIC教材900点コースはおすすめ

アルクTOEIC教材900点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC対策教材700点コースの評判や効果

アルクTOEIC700点コース

英語通信教育コラム

アルクのTOEIC600点コースの教材の評判を確認しておこう

アルクTOEIC600点コース

英語通信教育コラム

アルクTOEIC500点コースはスコアアップを目指す方に評判の教材

アルクTOEIC500点コース